Pocket
LINEで送る

現在、浜松を拠点に活動中のバクテンマン! そんなバクテンマンに取材を試みた。

バクテンマンとは?

バクテンマンはバクテン星出身の8910歳のヒーロー!
過去には格闘技の経験もあるのだとか。
浜松市のみんなにバク転を広めるため、はるばるバクテン星からやってきたそうだ。
そのため、バクテンマンはバクテン教室を開き、そこでたくさんの人にバクテンを教えている。また、保育園などのイベントでも活躍していると言う。

そんなバクテンマンの自慢はこの立派な上腕二頭筋!
見た瞬間、たくましい!という言葉しかでてこなかった。
どうやったらここまで鍛え上げられるのだろうか、これまでの努力が相当なものであるのが見ただけで伝わった。自分もこんな風に鍛えられた身体になりたいが、きっとすぐ根をあげてしまうと思う(笑)
バクテンマンといっしょにバクテンの修行をしたらこんな筋肉が身につくかも…⁉

バクテンの魅力

バクテンの魅力とは、ずばり、「1回転したら世界が変わる」ところだそうだ。
バクテンができるだけで人からの見られ方もがらりと変わる。
そのためバクテンは、運動が苦手で自分に自信がもてなかった…。という方に、自信をもつきっかけを与えてくれると言う。
バクテンができる人にしか体験できない世界がある。そんな新たな世界を開くことができるバクテンだからこそ人々を魅了し、惹きつけるのかもしれない。

バクテンマン バクテン披露!!

バクテンマンにお願いし、実際にバクテンを見せてもらうことができた。
これがバクテンの様子である。

バクテン様子

近くでバクテンを見るのは初めての経験だったが、かなりの迫力!!!!!
これを軽々とやってのける様はさすがバクテンマンといったところだ。まるで体操選手のようなしなやかな動きは、とてもきれいでかっこよかった。
これは真似したくなる……!!
こんなに迫力のあるバクテンをぜひ習得してみたいと思った。

バクテンの難易度

バクテンができたらとてもカッコイイけど実際のところバクテンって難しいんでしょう?
相当訓練しないとできないでしょ。

とお思いの方はきっと多いだろう。実際、私自身もそう感じていた。
そこで、実際の習得難易度をバクテンマンに聞いてみた。

まず、バク転は壁倒立やブリッジができることが大切だそうだ。
ちなみに筆者は、ブリッジしかできない(笑)
身体が硬いから厳しいだろうとお考えの方も、いえいえそんなことはなく、身体が硬くてもバクテンは習得できるらしい。これは身体が硬い人にとって嬉しい知らせだ。
また、バクテンができるまでは人によって異なり、早い人ではなんと1日でバクテンを習得してしまうという。
これは、驚くべき早さだ。倒立でさえ、習得するまでにかなり時間がかかると思っていたが、それよりも難易度の高いであろうバクテンがとてつもないスピードで習得できてしまうこともあるという。これならば、こんな自分でもバクテンができるのではないかと勇気をもらった。

バクテンしてみたいけどどうせできないから…。

と諦めていた方にはぜひ挑戦してみてほしい。
また、何歳からでも挑戦できるのでバクテンに少しでも興味を持っている方にはバクテンを習ってみることをお勧めする。

だけどどこでバクテンを教わればいいの?
一人でバクテンの練習なんて怖い!

という方に、バクテンマンからバクテンを教わることができるバクテン教室を紹介する。

バクテン教室「浜松ヒーローアカデミー」

バクテンマンが教えるバクテン教室は、浜松市の都田南小学校の体育館で土日祝日を利用し、ほとんど毎週開かれている。
教室名は「浜松ヒーローアカデミー」、授業時間は1回2時間。
生徒は3歳から60歳の方まで男女幅広く参加しているそうだ。
かなり幅広い年齢の方がバクテンに挑戦していることに驚きだ。これならば、バクテン教室でたくさんの刺激をもらえるだろう。親子で参加するのも楽しそうだ。

続いて、料金について聞いた。
1回の参加料金は、

●1回の参加料金●

大人 500円

小中高 300円

未就学児 100円

この料金でバクテンが習得できるなんてお得すぎる破格の値段だ!
また、月1で、参加料金が募金制になり、無料でバクテンを習うこともできるそうだ。月謝制でないため、行きたいときに行ける点もこの教室の魅力である。

☟詳細☟
バクテン教室「浜松ヒーローアカデミー」
住所 〒431-2102 静岡県浜松市北区都田町8756都田南小学校体育館
地図
授業時間 1回2時間
開講日 土日祝日を利用し、ほぼ毎週開講!
料金 大人   500円
小中高  300円
未就学児 100円

今後について

今後は、より活動の幅を広げ、たくさんの人にバクテンを広めていきたいと考えているそうだ。バクテンマンの今後の活躍に期待したい。
TOPページへ戻る
浜松ガイドでは、浜松の様々な情報を募集しています。
投稿方法は浜松ガイド情報募集ページのフォームから、もしくはツイッターで受け付けています。
詳しくは情報募集ページをご覧ください。