Pocket
LINEで送る

TEL:053-542-0480
  • ryotanji
  • ryotanji
  • ryotanji

井伊家菩提寺であり、女城主を務めた井伊直虎の波乱の生涯を終えたと伝わるお寺

 

浜松市北区引佐町井伊谷にこの場所はある。

『龍潭寺』とゆかりの深いのがこの井伊谷を中心とした「井の国」で地方を納めていた「井伊家」である。
女性として地頭(当主の意味)を務めた井伊直虎(次郎法師)が出家をして、修行を積んだ場所とされている。

直虎は井伊谷城主を退いたのちは当寺で波乱の生涯を終えた。
井伊家歴代の菩提寺であり直虎をはじめ、初代「共保」、22代目当主「直盛」、24代目「直政」の墓所もここにある。

またこの龍潭寺よりすぐ近く、井伊家の元祖となる「共保公出生の井戸」があり現在でも見ることが出来る。(龍潭寺駐車場より徒歩3分ほど)

井伊家と龍潭寺のつながり

井伊家は戦国時代、今川氏の支配下におかれる形で仕えていました。
今川氏の支持の元、桶狭間の戦いに臨みましたがそこで今川軍は織田軍に敗れる事になる。

この戦いで井伊直虎の父である井伊家22代目当主直盛は戦死を遂げ、多くの家臣も失う事となった。
戦死した直盛には嫡男が無く、従弟にあたる直親を当主に迎えたが徳川家との繋がりを疑われ、今川氏により殺害されてしまう。
この時点で、井伊家には男子が直親の遺児である幼い虎松(のちの直政)のみとなってしまった。

この一族の危機に「龍潭寺」の南渓和尚の提案で出家して修行の身であった直虎(次郎法師)を女地頭とし急場をしのぐ事となる。
直虎はこれをきっかけに還俗し、また幼少の虎松の後見人となる。

こうして井伊家の当主として一族の存続と再興の為に立ち上がり舵を取ったと伝えられている。

600-b 600-d

600-a 600-c

600-a 600-c

600-a 600-c

名称 龍潭寺
住所 静岡県浜松市北区引佐町井伊谷1989
アクセス 東名高速道路「浜松西I.C」よりR257を北へ約20分
東名高速道路「三ヶ日I.C」よりR362を東へ約25分
新東名「浜松いなさI.C」よりR257を南へ約10分
舘山寺温泉街より北へ約20分

JR浜松駅下車、遠州鉄道バス⑮番ポール奥山行き~神宮寺バス停下車、徒歩で約10分
MAP
静岡県浜松市北区引佐町井伊谷1989
電話番号 053-542-0480
営業時間 拝観時間
 9:00~16:30(17:00 閉門)※拝観所要時間 40分~50分
定休日 毎年 8月15日、12月22・23・24・25・26・27日
(行事により臨時休館する場合もあります)
駐車場 有り(大型バス12台、乗用車45台)
料金 大人500円/450円(団体)・子供(小・中学生)200円/180円(団体)
リンク 龍潭寺
備考 -

直虎ゆかりの地


井伊直虎ガイド
井伊直虎特集

浜松観光ガイド-TOPへ

※店舗様に対する質問等は、各店舗様へお願い致します。
浜松ガイド内へコメント等のお問い合わせを頂きましても、お答え致しかねます。
ご了承ください。

浜松ガイド.jp-TOPへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

スポンサーリンク